アプリを使用して他人のLINEを見る方法

真坂 貞子

日本で一番有名なメッセンジャーアプリであるLINEは、個人間の連絡をするのによく使用されています。また、個人以外にも企業もLINEを使用して情報発信や金銭の支払い等を行なっており、最近では政府や地方自治体もLINEを利用したアンケート調査をしており、日本人にとって必要不可欠なアプリとなっています。

日常的に利用するLINEだけに実は思わぬリスクが潜んでいるかもしれません。例えば、LINEは知らない人同士でも簡単に友達追加ができるため、不特定多数と連絡を取る事ができます。そのため、知らない間に家族がLINEで詐欺の標的にされていたり、さらには他の犯罪に巻き込まれる可能性もあります。不特定多数の人が自分が知らないうちにLINEハックする可能性もあります。被害を防ぐには知らない人とやり取りをしないのも重要ですが、LINEの内容を確認することも一つの手です。

この記事ではmSpyアプリを使用したLINEの監視のやり方やmSpyの特徴、アプリを購入するまでの手順を説明します。

目次

リモートで他の人のLINEを見る方法

通常は他人のLINEの内容を見る方法はありませんが、実はLINEを通じて送られたメッセージを確認する方法があります。それはmSpyアプリを使用する方法です。mSpyは世界中で利用されているiPhoneやアンドロイドで使用可能な人気のスマートフォントラッキングアプリです。

mSpyを使用すれば、LINEのメッセージだけでなく動画・写真等の送受信の内容や他のアプリの利用状況等を簡単に確認することができます。また、やり取りしている相手のLINEのIDやプロフィール情報等、メッセージだけではなくより詳細な情報等を確認することも可能です。さらにはチャット画面には表示されない、隠しているメッセージについてもmSpyを使用すれば隠される事なく確認することができます。また、mSpyの特徴としてこれらの相手のLINEを見る方法は全て相手に知られることなく行うことができます。

また、mSpyは相手のLINEを見るだけではなく、それ以外にもスマートフォンにインストールされているブラウザでのウェブサイトの閲覧履歴を確認したり、通話履歴・時間の確認、SNSアプリ等監視など、LINEだけではなく様々なアプリや内容について監視する事ができます。mSpyが採用され世界中で利用される理由や、アプリを使用するまでの流れについては次で説明します。

mSpyを監視アプリとして採用する理由

mSpyはLINEの監視アプリとしてだけではなく、様々な事を行うことができます。電話の着信・発信履歴の確認、通話時間の確認、削除されたものを含むテキストメッセージの確認、スマートフォンの位置情報の確認、LINEのみならずメッセンジャー、WhatsAppやSnapchat等のメッセージアプリの確認ができます。さらにはFacebook、インスタグラムやツイッター等のSNSの中で投稿された内容や、アプリで行われたメッセージの内容まで確認できたり、スマートフォンのバッテリー残量まで確認したりすることができます。

また、スマートフォンの使用状況の確認以外にもmSpyコントロールパネルから相手の行動記録をマップや時間と住所で可視化できたり、連絡を取った相手の番号とその回数や、月ごとのアプリの使用回数や連絡回数等のスマートフォンの使用状況をグラフ化で表示したりすることもできます。このようにmSpyはLINEを監視するだけではなく、子供のスマートフォンにインストールできるペアレンタルコントロールができるアプリとしても利用できます。有料アプリなのでインストールと課金する必要がありますが、子供のLINEやSNS等のスマートフォンの使用状況など親にとって心配事を解消する上ではとても安心できるアプリです。

相手を監視するための3ステップ

ここではmSpyアプリを使用して相手のLINEのメッセージ・写真・動画を見るための3ステップを紹介します。

1. mSpyをサブスクリプションする

Ø  ウェブサイトから必要事項の記入と支払いをし、サブスクリプションを開始する。支払いが完了すると登録したメールアドレス向けにインストール方法等が記載されたメールが届きます。

2. インストールとセットアップ

Ø  mSpyアプリを監視したいスマートフォンにインストールします。インストールはiPhoneを使用しているのであればAppStore、アンドロイドを使用しているのであればGoogle Play Storeから「mSpy」と検索してダウンロードします。インストール後はメールに記載されているセットアップ方法に従っておこなってください。

3. mSpyの利用開始

Ø  上記の2ステップが完了したら、あとはスマーフォンやパソコンからmSpyコントロールパネルにアクセスするだけで使用を開始できます。コントロールパネルから通話、メッセージ、位置情報だけでなく、SNS や相手のLINEを監視することができます。mSpyは対象のスマートフォンの通話履歴やウェブサイトの閲覧履歴、位置情報等をmSpyコントロールパネルでグラフ化やマップで状況確認ができるので、毎月どの人とやり取りが多いか、またその内容も確認する事ができるので、ペアレンタルコントロールのアプリとしては大変人気のアプリになります。

まとめ

今回は日本で一番有名で使用されているメッセージアプリであるLINEを監視する方法について、世界中で人気のペアレンタルコントロールアプリであるmSpyを使用した監視方法を紹介しました。mSpyは他人のLINEを見れるだけではなく、mSpyをインストールした通話履歴・相手の確認、現在や過去の位置情報の確認、SNSやウェブサイトの閲覧履歴等の確認と非常に多くの事ができ、子供の居場所や子供のスマートフォンの使い方が心配な親や、家族のLINEの使用状況が不安な時等に便利です。

また、アプリだけではなく、スマートフォンに入っている情報を確認できるので、様々な問題や犯罪に巻き込まれることを防ぐことにも役立ちます。LINE監視アプリはiPhoneやアンドロイドで使用可能なので、ほぼ全てのスマートフォンにインストールでき、簡単に始めることができます。

mspy-banner-image
これ以上の監視ソリューションは他にはありません!
サインアップする。インストールする。監視する。
貞子は、データ分析によるプロセスとサービスの改善に熱意を注ぐビジネスアナリスト、及びストラテジストです。デジタルテクノロジーに非常に興味を持ち、テクニカルガイドやレビューを書くことが楽しみです。結果志向である貞子は、人々がそれぞれ目標を達成できる様に公共のビジネスイベントのスピーチを通して応援しています。

返信を残す:

Your email address will not be published. Required fields are marked *


ページ先頭に戻る
ニュースレターに登録する