ネットいじめとその対策について!

真坂 貞子

この記事では、ネットいじめについての説明とその対策について解説します。まずネットいじめについてですがインターネットが発達してから新しく始まったいじめです。似たような言葉としてスマホいじめと呼ばれたりします。名前の通りインターネット上によるイジメでありたとえばフェイスブックやインスタグラムなどSNS、ラインやメッセンジャーなどのメッセージアプリ、またオンラインゲーム上のチャット機能などを使い相手を怖がらせたり恥をかかせたりその通りいじめをすることです。今回はその対策について解説致します。

目次

子供をネットいじめから守る方法

この章では子供をネットいじめ解決策として3つの方法として「返信をしない」「証拠を残す」「助けを求める」が有効ですのでそれぞれについて詳細を説明して行きます。

返信をしない

ネットいじめで共通することは「相手が見えない」ということです。また、相手との距離があるということで返信をしないということが有効です。返信をしなければいじめがより加速すると思われがちですがネットいじめの場合は相手の連絡をブロックすることができるのでネットいじめ対策に有効です。

証拠を残す

次に証拠を残すについてですが、ネットいじめの場合は画面を通じて相手とやり取りをしていることになるので簡単に証拠を残すことができます。たとえばメッセージアプリや、ラインいじめ対策として、スクリーンショットを使い簡単に相手からいじめられている証拠を残すことができます。また他のSNSやゲームメッセージアプリに共通することですが、いじめてくる相手のIDを控えることも有効です。IDを控えることによりゲームの主催者等が相手を特定することが可能です。このように小さい事でも良いのでしっかりと記録を残すことが大事になります。

助けを求める

もしネットいじめにあっていても1人で悩まないでください。さまざまな方法で 助けることができます。

  • 両親や信頼できる大人などに助けを求める
  • ヘルプラインに相談
  • プラットフォームに報告
  • 警察等に相談

ネットいじめは近年社会問題にもなっていますので、1から4のような 方法で助けを求めることができます。特に SNSなどのプラットフォームは力を入れており警察と併せて報告することで相手を特定することやアカウントを凍結することが可能です。

大人が子供をネットいじめから守る方法

先程の章では子供に対してネットいじめから守る3つの方法を紹介しましたが、この章は保護者に対する子供のネットいじめの守り方について3つ紹介します。守り方として、「子供とネットいじめについて話し合う」「子供にサイバーセーフティーについて教えたり、子供のアクティビティを監視する。」「学校の責任者に相談する」ことが挙げられます。

子供とネットいじめについて話し合う

まず一つ目に、子供とネットいじめについて話し合いをしてみましょう。子供はネットのいじめについて何も知らない可能性もありますし、実際にどのようにいじめられるのかまたいじめられないような対策について話をしてみましょう。話をすることにより実際に子供がネットいじめの被害にあった時に上記で話した証拠を残したり返信をしないようにしたりと言った対応をとることができます。また、自分が加害者にならないよう伝えておくことも重要です。

ネットいじめから避ける方法

子供がネットいじめにあわないためにはオンラインのマナーを一緒に学習してみることも1つの案です。相手が見えないからといって相手に対していじめと捉えられる発言をしたり嫌がらせをするのではなくインターネット上にもマナーがあるので、マナーについてしっかり学習してみるのも有効です。また子供がネットいじめの被害に遭わないように、またいじめにあっても対策ができるように子供のスマートフォンやパソコン等を監視することも1つの手になります。例えば監視用のソフトとしてmSpyアプリがあります。監視用アプリは端末の位置情報や、SNSでのメッセージのやり取り、メッセージアプリでのメッセージのやり取り、相手の連絡先、通話履歴などを確認することができます。ネットいじめの被害にあわないためにはこのようにあらかラインいじめ 対策しておくことも重要です。

学校に相談する

もし親が子どものネットいじめについて心配であれば、学校の責任者に相談するのも良い手段です。学校の先生というのは家族と同じぐらい子供と触れ合っています。また教育のプロフェッショナルなので、予め相談しておけば学校生活で子供の様子が変わったりした時に気づくことができ、また子供に適切なアドバイスや対策を講ずることができるでしょう。

まとめ

この記事ではネットいじめに対する対策と解決策について解説しました。子供をネットいじめから守る方法はまず大人がネットいじめについて話し合うことが大切です。また子供がネットいじめ被害に会ったときも返信をしない対策や証拠を残したりすぐに通報できるような対応をとることができるように対策をすることも大事です。その他にも子供のデバイスにmSpyアプリなどのような監視アプリを入れることにより子供がネットいじめ被害にあっていても親が気づけるような対策も重要かと思います。

mspy-banner-image
これ以上の監視ソリューションは他にはありません!
サインアップする。インストールする。監視する。
貞子は、データ分析によるプロセスとサービスの改善に熱意を注ぐビジネスアナリスト、及びストラテジストです。デジタルテクノロジーに非常に興味を持ち、テクニカルガイドやレビューを書くことが楽しみです。結果志向である貞子は、人々がそれぞれ目標を達成できる様に公共のビジネスイベントのスピーチを通して応援しています。

返信を残す:

Your email address will not be published. Required fields are marked *


ページ先頭に戻る
ニュースレターに登録する